エネルギー市場に対応するための新しいツール

Energy-CSO-video_640x360.jpg


2015年10月15日 || OPENMARKETS

ここ1年間において、原油価格は世界の供給増、中国の需要を巡る不確実性、その他の要因を背景に50%下落したことから脚光を浴びている。これは、エネルギー市場の極めて高いボラティリティが一因であり、業界参加者による原油の価格に対する積極的なリスク管理の必要性を想起させる。こうしたボラティリティの高まりを背景に、大きく成長してきた取引ツールが、エネルギー・カレンダー・スプレッド・オプション(CSO)である。

カレンダー・スプレッド・オプションは、売りと買いという2つの異なる先物ポジションを構築するオプションである。コール(買い)オプションは、期近限月の先物のロングポジションと期先限月のショートポジションの組み合わせで行使できる。プット(売り)オプションは、期近限月のショートポジションと期先限月の先物のロングポジションで行使できる。行使価格は、先物のロングポジションとショートポジションの価格差である。CMEグループは、原油、天然ガス、石油精製品に関してCSOを提供している。

足元の変動の激しいエネルギー環境において、CSOは盛り上がりを見せており、10月の取組高が80万6,418枚と、2015年1月から2倍以上に拡大した。CSOの1日平均出来高は、今月これまでで1万8,161枚と、1月の1万3,048枚を上回っている。CSOは先物のフォワードカーブへの投資を実現し、カーブ構造の変化に伴うリスクを柔軟に管理できることから、市場参加者はCSOを活用している。



上記のビデオ(英語)は、シカゴを拠点とするマネージド・フューチャーズ運用会社 Emil van Essen のポートフォリオマネージャーであるJohn Farley氏を特集したもので、ビデオの中でCSOのメリットとその活用方法について説明している。

CMEグループのエネルギー商品担当シニア・ディレクターのJeff Whiteも、 Futures Radio および Options Insider のポッドキャストに出演し、CSOの成長に対する見方を示している。



Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。