世界食料デーと商品市場

World Food Day

2014年10月17日 || TIM ANDRIESEN

10月17日は世界食料デーで、食料安全保障が世界各国で議論の中心に据えられた日だった。 筆者の私見ではあるが、世界食料デー、そしてその外郭的な課題でもある食料安全保障は、常に商品市場と結びついている。

そんな中、最近、大手輸入会社の穀物部門を率いる友人と夕食を共にする機会があった。 話の中心は、効率的なバリューチェーン(価値連鎖)と、それが依存できる市場の存在が、共にいかに重要であるかだった。できる限り低コストで商品を生産者から世界の市場へ流す、効率の良い、具体的なバリューチェーンを構築し、このバリューチェーンが、同様に効率的で、相場シグナルとして発信される価格を形成する市場に依存し、現物市場の参加者が商品リスクを相殺する場として、こうした市場が利用可能である、という一連の関係が重要だと言うことである。 これは、増大を続ける世界人口に対する食料供給能力の中核を成すシステムで、CMEグループはこのシステムの一部を担っていることを誇りとしている。

今年の世界食料デーの公式テーマは「家族農業」で、食料安全保障の維持と飢餓撲滅に関して、家族農業が果たす重要な役割に焦点を当てている。 このテーマはまた、中西部の農産物生産者が集まり、コストと市場利益の増減をヘッジする場としたことに端を発するCMEグループの歴史とも結びつきが深いものでもある。 ただ、以前にも書いたが、食料安全保障に関する商品市場の役割は、単に経済的な範囲を超えている。 その意味で、商品市場の役割は、人道的なものでもある。 リスクを効率的に管理し、利益を確定することが出来なければ、農家などの生産者は世界中に食糧の提供が出来なくなる。

世界人口は急増しており、中国やインドなど、新興の大規模経済国では中間層が急速に拡大している。 こうした背景は、旧来の土地面積で、旧来以上の食糧を生産する必要があることを意味する。 問題は複雑で、テクノロジー、エネルギー、地政学、投資、そして間違いなく効率的市場が係わってくる。 食料安全保障に関連したこうした問題と、世界食料デーの重要性に着目したメディア報道を、いくつか下にまとめた。

2014年世界の農業生産性に関する報告書は、インドでの明確な農業革命を指摘(グローバル・ハーベスト・イニシアチブ

世界の食料供給に大きな変革をもたらす(かもしれない)3人のティーンエージャー(モダン・ファーマー

食料安全保障の確保に果たす市場の役割(OpenMarkets

インタラクティブ・グラフィックで食品価格に影響する市場要因を説明(フューチャーズ・ファンダメンタルズ

毎日が世界食料デーである理由を語るロジャー・サロー、食料安全保障をテーマとする作家(OpenMarkets

家族農業が世界の飢餓撲滅のカギを握る理由(インターナショナル・ビジネス・タイムズ

先物市場を活用する食料品業界(OpenMarkets

世界食料デーを啓蒙するための資料リスト(ガーディアン紙




Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。