レオ・メラメドを日本政府が表彰

leo image 1

2017年11月10日|| Debbie Carlson

レオ・メラメドCMEグループ名誉会長が幼かったころ、第二次世界大戦中のナチスから必死に逃れてきた彼とその家族は、日本に避難する「命のビザ」を受け取った。

その日本への旅がメラメドにとってアジアの国との初めてのつながりとなっただろう。彼は今週、日本政府から旭日重光章を受勲した。国家元首や王族ではない人に日本政府から贈られる最高位の勲章である。米国の大統領自由勲章に相当する。

旭日章は明治期の1875年に制定された。国際関係の強化、各専門分野の発展、日本文化の振興、福祉・環境保護の増進などで顕著な功績を挙げた人に贈られる。

メラメドの金融先物市場創設者としての先駆的業績、日米関係への貢献、第二次世界大戦時に多くの人命を救った杉原千畝領事をたたえる活動が日本政府に認められた。

leo image 2

リトアニアの日本領事館に赴任していた杉原は、メラメドたち家族に日本通過ビザを発給した。ナチスから逃れる旅は2年もかかった。ポーランド北東部の都市、ビャウィストクからシベリア鉄道を経て日本へ、3大陸・6言語をまたがる旅の果てに1941年、米国にたどり着いた。杉原は数千ものユダヤ人がホロコーストのあった欧州から逃れる手助けをしたことで広く評価されている。

日本初の金融先物
メラメドには他にも日本と直接的な結びつきがある。80年代に同国初となった金融先物市場の創設だ。70年代にCMEグループの通貨先物を創設して以来(日本円先物は創設時に上場されたオリジナル商品のひとつ)、メラメドは取引所が金利や株価指数など他の金融先物商品を上場するときにも一役買った。それらの成功は、1987年にCMEが日本に事務所を開設する道を開く。

leo image 3

「天皇陛下から旭日重光章の栄誉を賜り、身に余る光栄に存じます。私は日本と深いつながりがあります。ちょうど30年前にCMEグループがアジア初の拠点を構えるときにも、私の強い希望で東京に設置しました。以来、私たちは日本先物市場の発展推進に緊密に協力しております」(レオ・メラメドCMEグループ名誉会長)

日本初の金融先物は大阪証券取引所に上場された日経225先物である。それは取引所にとって大きな前進となった。メラメドは2008年に開かれた日経先物上場20周年記念式典に向けたメッセージで次のように述べている。

「株価指数先物の概念がまだ、かろうじて6歳というなか、この新しいリスク管理ツールを導入した大証の心意気に拍手を送ります。この日経225先物の上場は、日本が閉鎖的な過去から進化を遂げていると金融の世界に明快に呼びかける役割を果たしたのです」


Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。