CMEの日経225先物市場にオプションが加わる理由

Why Nikkei Futures Are Growing and Options Are on the Way JA


2013年11月14日 || THOMAS BOGGS

「アベノミクス」と景気の明らかな好転が続く日本。しかし「この国は2013年上半期のような高い経済成長率を維持できなくなったのではないか?」と不安視する声が出始めている。

その声をまさに取り上げているのが、先日のニューヨークタイムズの記事だ。

「エコノミストたちは『最も難しい作業が残っている』と指摘する。 日本の指導者たちは、企業の競争力をより強化するために求められる大規模な構造改革に、まだ着手していないのだ。 この改革がなければ、日本は10年以上続いたデフレモードに再び転げ落ちる可能性があるとエコノミストたちは懸念する。」

それがそのまま景気の変動性の高さに反映されている。つまり、日本の主要株価指数である日経225(日経平均)に投資家の関心が集まっているわけだ。 そして今年、約4割の期間で、指数の上昇に急ブレーキがかかった。

これもまた日経225先物への関心を高めたといえる。 事実、11月11日現在、CMEに上場する日経225円建先物の1日当たりの平均出来高が前年同期比109%となった。1営業日平均で4万6900枚の取引があるのだ。

こうしたトレンドを踏まえて、CMEでは日経225円建先物オプションを開発し、2014年1月13日からGlobexで取引を開始することにした。 CMEの日経225先物シリアル限月オプションは、大阪証券取引所(大証)の先物価格を利用して、満期日の参照価格を決定する。この参照価格から、シリアル限月オプションの満期時に、イン・ザ・マネーかアウト・オブ・マネーかを決める。 日経225先物の四半期限月オプションは、権利行使をすると、その原資産市場であるCMEの先物限月でポジションを持つことになる。そして日経225円建先物が満期を迎えれば、最終決済価格として日経平均の特別寄付値(SOQ)を使用する。

CMEでは、顧客の意見に耳を傾けたうえで、この新商品を開発しており、期待する声は高い。日経225先物オプションには、先物にない柔軟性がある。 ヘッジャーにとって、高い変動性が続きそうな市場では、この柔軟性が極めて重要だ。

CMEグループにとって、日本は常に重要な市場である。 日本の多くのディーラーがCMEの商品を利用している。そして今回のオプション上場は、日経225先物が上場して以来25年続く大証との長期的関係が今も続いていることを象徴するものといえる。このパートナーシップは、世界の市場に日本株取引の機会をもたらす先鞭となった。新しくオプション商品を上場するのは、日本の取引所が閉まっている時間帯に、最も流動性の高い先物を顧客に提供するためである。 日本の取引時間が終了するまでは、大証が潤沢な流動性を維持する。

世界の市場が相互につながるなか、日本は引き続き重要な役割を果たすだろう。 変動性が高いとき、市場参加者には、その国の株式市場の変動リスクを管理するツールが必要となる。そこで役立つのがオプション商品なのだ。

CMEグループ株価指数商品担当上級マネージング・ディレクターであるスコット・ワレンが、日経225先物オプションについて論じている。ぜひ参考にしてほしい。(動画は割愛させていただきます。)



Related Entries

Trackbacks


Use trackback on this entry.

私のシンガポール日常生活

あんまり内容的に面白くない生活であるのだが、日常生活について知りたいという希望があったので、ここに記しておこう。 1.朝、何時に起きるかは、前日のNY市場の動向によって、目覚ましをかけるかどうかを決める。 1-1)アジア時間深夜に、米国市場が最高値を更新して上昇している。逆に下落し続けている、あるいは年初来安値を更新している。 1-2)アジア時間で、売ろうと思っているアジア・日本株が最高値圏...
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。