週末の材料に適した株価指数オプション取引

OM_Weekly_Equity_Options_640x360.png

2017年4月20日 || Thomas Boggs

米国と英国における政治のトレンドがフランスやEU(欧州連合)に波及するかどうか、2017年フランス大統領選は世界中から注目を集めている。先物トレーダーは、次のもう一つの理由から仏大統領選を重要視している。大統領選の第1回投票と第2回が日曜日に実施されるからだ。

投票日の重要性は、CMEグループにおいて、新しく上場されたオプション取引の出来高が高水準に達しているという事実で判断できる。S&P 500の月曜日満期の週次オプションは、4月3日の上場以来、1日平均出来高が約1万9,000枚に達しており、仏大統領選の投票日が近づくにつれ、毎日新記録を更新し増加基調をたどっている。

材料を見据えたトレーディング
月曜日満期の週次オプションを活用すれば、投資家は、週末の材料を見据えてより的確に取引を行うことが可能だ。オプションは日曜日の午後5時(米中部時間)に取引開始されるので、参加者は直近のニュースやイベントをもとにポジションを迅速に構築することができる。

月曜日満期のオプションの出来高は、VIX指数が5カ月ぶりの高水準に達した4月初頭に急増した。4月までは、短期ポジションを構築できる上場先物・オプションは、水曜日または金曜日に満期が到来する週次オプションに限られていた。また、CMEグループは、四半期および月末オプションも上場している。

週次オプションは、米大統領選英国のEU離脱の是非を問う国民投票の時も広く活用され、これらの日付における取引高は平均のそれぞれ3.8倍と3.2倍に達した。ただ、これらの投票日は、火曜日と木曜日であった。

週末をまたぐ材料について、投資家とトレーダーは、代替策を見出した。4月17日、上場して間もないこの商品の出来高は5万枚を突破して新記録を樹立した。この一部は、週頭のボラティリティの急伸と、週末に控えていた仏大統領選に関連しているかもしれない。

Monday-Weekly-Options-042017-640x319.jpg

仏大統領選の投票日が、マーケットを左右する可能性のある唯一の日曜日のイベントというわけではない。その日から週末の4月30日までの間には、米国の暫定予算の決議が控えている。さらに、6月には、フランスの国民議会選挙が予定されている。その後も多数のイベントが控えている。トレーダーは、ニュースが公表されるときに備え、イベントのヘッジ対策で週次オプションを試している。


Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。