オプション取引のデータ出力

options data dump

2016年8月16日 || Kira Brecht

投資戦略研究を専門とする米TABBグループが2年前に作成したレポートには、先物オプションの取引が間もなく拡大する見込みであると記述されていた。この分析は、まさに未来を予見するものであった。CMEグループで売買されたオプションの出来高は、昨年一年間で18%の増加を記録。過去5年の期間で見れば、出来高の増加率は68%に上る。

市場のボラティリティ水準が全般的に上昇していることや、FRB(米連邦準備理事会)の金融政策に伴う不確実性など、様々なマクロ要因によって先物オプションの売買が活発化している。

しかし、より大きな要因は、おそらく技術的な変化であろう。オプションの取扱商品は数年前に比べて増加し、市場参加者の多様性も増した。そして何より、オプションの電子取引へのアクセスが改善されたことが、市場に大きな変化をもたらした。

民主化するオプション取引
取引の電子化に伴う副産物として、オプションの価格やインプライド・ボラティリティを評価するためのデータ分析ツールが生み出された。こうしたツールの出現により、オプションの売買プロセスが様々な面で民主化され、従来に比べて容易にオプションを売買できるようになった。

「先物オプションの売買・分析ツールは、長い間、株式オプションのツールよりも劣っていました。幸いなことに、その差は完全ではなくとも、かなり縮まってきています」。こう述べるのは、ミネアポリスのブライトン・キャピタル・マネジメントでプリンシパルを務めるデイビッド・フェーラン氏だ。同氏は次のように説明する。「先物オプションは、より良いツール、週次・短期オプションといった新商品、そして優れた流動性とレバレッジを提供し続ける市場を通じて、より多くのトレーダーにとって魅力的な商品になりました」

立会場に起源を持つツール
近年の洗練された分析ツールが立会場で誕生したという事実は、それほど驚きではないだろう。

ニック・ハワード氏は、CMEグループの立会場で取引を始める前の4年間、ソフトウェア開発者として働いていた。市場とトレーディングに興味を惹かれたハワード氏は、オプション取引のクラーク(係員)としてオコナー&アソシエーツ社に就職し、その後はユーロドルの立会場でマーケットメーカーやローカル(取引所会員)としてトレーディングに従事した。そして間もなく、自分が持つ二つの能力――トレーディングとソフトウェア開発――を融合できる機会に恵まれた。

立会場のフロアブローカーは、1991年に、オプションの価格データをExcelのスプレッドシートにまとめるようハワード氏に依頼した。同氏はExcelの機能を使い、オプションの価格形成、ギリシャ指標、そしてボラティリティ曲線を容易に計算し、視覚的に表示することができた。このExcelを用いた価格分析は、たちまちフロアブローカーの間で人気となり、オプションの分析ツールは飛ぶように売れた。

ハワード氏はこう説明する。「そのツールはブローカーのために開発したもので、彼らが立会場でより良い仕事をするのに役立ちました。それは容易に使うことができ、すぐに取引に活かせるものでした」

そして2004年には、このオプション分析ツールをインターネットにも対応させてほしいと、顧客の一人がハワード氏に依頼した。こうして誕生したオンライン版のツールは、その後も発展を続け、今では70以上の国々で利用されている数十種のツール群へと成長を遂げた。

options dump table1

ハワード氏は立会場での仕事を7年続けた後、再びソフトウェア開発へと職を転じ、QuikStrikeの元となるツールをバンティックス・ テクノロジーズ(Bantix Technologies LLC)のために開発した。同社はシカゴを拠点とするソフトウェア開発・コンサルタント会社で、先物やオプションの分析ツールを提供している。QuikStrikeは現在、オプション市場のブローカーやトレーダーの間でもっとも広く利用されている分析プラットフォームの一つとなっている。

シグマ・アメリカズ(Sigma Americas LLC)のディレクターであるマイク・リフィス氏は、ハワード氏が初期に開発したExcelツールの利用者の一人であり、現在もその発展版であるQuikStrikeを利用している。リフィス氏によると、このツールが提供する大きな利点の一つは、先物オプション市場での「仮定シナリオ」を計算できる点にある。

「オプションの現時点での状況に加えて、時間とともにどう変化するかということが視覚的にわかります。このツールを使えば、様々なシナリオを分析することができます」と、同氏は語る。

オプション取引を視覚化する
今日のトレーディングで分析ツールが中心的な役割を果たすようになったのは、立会場から電子市場へと取引の場が移ったことにも関係している。これは、単に利便性の問題だけではない。取引の電子化によって、トレーダーは今までにない方法で市場を分析できるようになった。

CMEグループのプロダクト・マネージャーを務めるカリック・ピアースは、こう説明する。「オプション取引で成果を上げるためには、オプションの市況を迅速に把握しなければなりません。QuikStrikeのツール群は、先物オプションの構成要素である複合的な変数を視覚的に分析することができます」

換言すると、QuikStrikeの優位性は「情報の量」ではなく、情報をどのように集め、それを「どう表示するか」という点にある。

「情報が手に入ったとしても、それが理解され、活用できるものとして、すべての人に提供されているとはかぎりません」と、ハワード氏は説明する。

同氏は立会場で過ごした長年の経験から、トレーダーが必要としている情報が何かを学び、データをグラフ形式で配信するツールを開発した。

「今後数年間の私たちの目標は、より視覚的な方法でもっと多くの情報を提供できるように努め、人々が取引の判断をより容易に行えるようにすることです」と、ハワード氏は話す。

ブライトン・キャピタル・マネジメントのフェーラン氏は、すでに3年間にわたってQuikStrikeを利用しており、機能の増加とともに利用の幅をますます広げている。

その理由について、同氏はこう説明する。「弊社では当初、一日の終わりに一度だけQuikStrikeを使っていました。現在では貴重な情報源として、立会時間の最中や、アフターアワー(立会時間後の取引)の分析にも利用しています。このツールを使い始めてからは、より適切な情報を元に判断が下せるようになり、スプレッドシートにオプションのデータを流し込むためのAPIも不要になりました」

options dump list1

QuikStrikeは、CMEグループのプラットフォーム上で3年前から利用できるようになっている。ピアース氏はCMEの市場参加者向けに提供されている無数のQuikStrikeツールを指差し、次のように説明する。「ユーザーはこれらのツールを通じて、市場で起きていることをより良く理解し、特定の商品についての自信を深めることができます。また、建玉を保有する際の障害を取り除くことにも役立ちます」


Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。