FXがグローバルリスクのモノサシに

FX-bills.jpg

Craig LeVeille 2016年3月25日

先日、ECB(欧州中央銀行)のマリオ・ドラギ総裁が発表した追加緩和策は、金融市場で驚きをもって受け止められた。特に注目されるのは、中銀預金金利が10ベーシスポイント切り下げられてマイナス0.3%からマイナス0.4%になったこと、また量的緩和の規模が200億ユーロ増額されて合わせて月800億ユーロとなったことだ。

しかも、資産の買い入れ対象が高格付けの社債にまで拡大された。これは前回の市場操作から大きく変わった点である。

さらに、ドラギ総裁は、新型の貸付プログラムを発表した。これはつまるところ、ユーロ圏企業への与信と融資を拡大させた銀行は4年にわたってECBの資金で補てんされるというものだ。

こうした政策の大半が想定外のものであり、それがそのままFX(外国為替)市場に反映された。この発表があった当日(3月10日)、CMEグループの通貨先物・オプション市場は、全取扱商品を合わせて44年に及ぶ歴史で最大の出来高となる251万7334枚を記録した。これは前回の記録(2010年5月6日)を14万6000枚以上も上回る。

もちろん、その日の取引の大半を占めたのは、ユーロ通貨先物・オプションである。取引金額ベースで1135億ユーロ相当の約定があった。ただし、記録的出来高がすべてECBの動向によるものだったわけではない。先物がちょうどロールオーバー(限月乗換)の時期に差し掛かっていた。この期間は通常、出来高が増えやすい。

2016年になってCMEグループの通貨先物・オプション市場が総じて活況を呈している。例えば、日本円の1日平均出来高は前年比38%増だ。同通貨を取引する市場参加者の大半が求めているのは、ボラティリティの高い時期に安全な避難先となる通貨である。

また、エネルギー市場と金属市場でボラティリティが激しくなっているのを受け、新興国通貨と“コモディティ”通貨(コモディティの輸出に経済が大きく左右される国の通貨)の取引が増えてきた。具体的には次のとおり。

• オーストラリアドル:21%増
• カナダドル:32%増
• ブラジルレアル:23%増
• メキシコペソ:35%増
• インドルピー:11%増

以上は、通貨市場がいかに他の市場と連動しているかを再認識させてくれる。他の資産市場で先行きに不透明さが増しているとき、リスクを軽減させるツールとして通貨が活用されているからだ。中央銀行が新たな政策を打ち出しており、またコモディティが相場の落ち着きどころを探っているなか、通貨市場の取引動向に注目することは、世界のリスクをしっかりと監視していることにつながるのだ。



Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。