なぜ、中国人投資家は先を争って 金を買うのか?

Why Chinese Buy Gold

2013年9月30日 || CAMERON ALEXANDER

金価格が今年1月から6月の間に約30パーセント下落し1983年以来最大の下げとなったとき、市場の勢いに押された投資家が資金を引き揚げたため、金連動型上場投資信託(金ETF)が保有する585トンもの金が売りに出た。一方で、金価格の下落は中国における現物の需要を喚起し驚くべきレベルに達した。なぜなら中国本土の消費者が金の購入に走ったからだ。

金価格の崩壊は金資産をさらに増やす未曾有の機会だと見る向きは多く、中国人の「奥さまたち」(一般に家計をやりくりを担当する年配の女性に対する敬称)はこの機会に乗じて、通常は年末恒例の買い物である金の小物や季節の贈り物を買い込んだ。こうした行動に始まり、第2四半期には中国全土でも対消費者販売は熱狂を見せた。需要の高まりにより、こうした奥さまたちが何らかの金製品やシンプルな宝飾品(主に24金)、投資用地金を手に入れようと販売店の外に文字通り何時間も並ぶ光景が見られ、店頭からすべての在庫が完全に消えることになった。

この空前の消費者需要の波により中国への地金輸入は急増し、上海金取引所(SGE)のスポット取引の出来高は著しく増加し、当取引所の上半期の出来高は倍以上になった。これに伴い、取引所から出庫する金の現物の受け渡しが大量に増加し、日々のプレミアムも急拡大した。プレミアムは2012年の平均ではわずか1トロイオンスあたり6.5ドルであったのが、5月13日には1トロイオンスあたり56ドルと過去最大になった。出来高は欧米市場でも増加、ニューヨーク商品取引所で取引する金先物およびオプションの出来高は顕著な伸びを見せ、上半期の1日あたり平均出来高は11パーセント増加した。

HKG Bullion Imports vs Gold Prices


中国に輸入する地金の大半が香港から入ってくる。香港は今なお中国本土への主要経路としての役割を果たし、そしてしばしば中国人の需要を代表する役割を担っている(上海を通した直接輸入も増えているが)。 2013年の最初の7カ月で主要地金供給国からの香港の金輸入量は合計919トンにのぼり、重量にして前年比162パーセントの増加という驚くべき数値になった。トムソン ロイター GFMS リサーチによれば、中国の宝飾加工品は2013年上半期で年率40パーセント以上も急増し345トンもの記録的数値に達した。一方で投資用地金の需要は同期間で63パーセントもの増加となり246トンに急伸した。

金価格が上昇する環境で、アジアの巨大国家全土に金の需要は異常な速さで拡大しており、直近10年における1年あたりの需要の伸びは前年比で平均10パーセントであった。さらに、世界中のほとんどの売買取引が激しく減退していたときに、宝飾加工品は直近10年で1年あたり300トンを超すペースで増えてきた。実際に、世界の宝飾加工品(中国を除く)は同時期に5パーセント減少した。次第に高価になる金の代わりに安価な素材を使用したからである。

最近発行の「トムソン ロイター GFMS Gold Survey 最新版 1」では、年初にそして実際のところ直近のほぼ10年間に渡り中国人がこれほど熱心に金を購入していた主な理由をいくつも示し、なぜ金は中国人社会でそれほどまでに重要な役割を持っているのかを説明している。レポートの要旨は、金を代替資産クラスとして、そして財産を保護する安全な方法として次第に考えるようになってきた消費者に焦点を置いている。さらに、所得水準の上昇と急速な都市化の組み合わせが、実質的なインフレや利用の限られた投資商品(主に農村地域)に対する懸念と相まって、消費者(圧倒的に女性)は財産の保護手段として金をため込むことになった。より洗練されている都市中心部では、投資家が資産多様化の手段として金に頼っている。なぜなら、不動産市場での政府による厳しい統制や低金利環境そして低迷する株式市場により、急速に拡大する中国の中流階級のための投資の選択肢は限られていたからだ。

Chinese Bar and Jewellery Demand vs Gold Price


それでは、中国人の奥さまたちは年内そしてその先もこのような熱狂的なペースで買い続けるのだろうか。金価格がもう一段下落しなければ、少なくとも短期的にはその見込みはないだろう。最近の現地調査では、中国人購入者層は年初の金価格調整期に飽くことなく金を探し求めていたが、その熱は冷めていることが分かった。一方で、国内市場の需要は力強く上海金取引所のプレミアムは今なお1トロイオンスあたり約17ドルである。年初に買い込んだレベルを考慮すれば、現在では市場はひと休みの状態であっても驚きではない。

長期的には中国からの現物の需要の役割を過小評価することはできない。中国は今年インドを凌ぎ1,000トンを超える最大の金消費国になるだろう。実際に過去10年で金の需要は重量ベースで4倍以上になり、その価額は金価格の上昇により1,400パーセントを超える勢いで上がり、
1年あたりで500億ドルを超えている。金価格の13年に渡る上昇相場が終わるとき、中国人の奥さまたちは益々この先重要な役割を果たすだろう。



Related Entries
CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。