10年債: 先物市場における改革

10-year.jpg

2017年5月3日 || Debbie Carlson

米中期国債10年物(Tノート)ほど優れた結果を残してきた先物取引は存在しない。

10年物Tノートは1982年5月3日に登場し、取引初日の契約数33,502枚で取引高の最高記録を達成。その記録は未だに更新されていない。CMEグループ運営取引所に上場する銘柄において、ユーロドル、e-mini S&P 500 株価指数先物に続き3番目に売買が盛んな先物商品となった。長期金利取引における重要商品であり、国債、住宅ローン金利、法人債発行の際の参照データとして幅広く用いられる。

CMEグループのファイナンシャルリサーチ担当エグゼクティブディレクターであるフレッド・スタームは10年物Tノートついて、「豊かな環境のもとに生まれた魅力的な商品」であると語る。

陰の存在から表舞台へ
1982年は政府財政混乱の年であった。インフレ抑制そして急増する連邦政府負債への対応策として、当時の米連邦準備理事会議長ポール・ボルカーが金利引上げを決定した3年後のことであった。

当時、シカゴ商品取引所(CBOT)によりTボンド先物がすでに上場しており、CBOTの投資家は10年物Tノートの導入に色めき立っていた。

ウィリアム・D・ファルーンは著書「Market Maker: A Sesquicentennial Look at the Chicago Board of Trade」の中で、この新しい金利先物取引はある種の「改革」であり、ボルカー政策が整うとともに一段と活発化したと指摘する。

ファルーンによれば、「10年物Tノートは、国債ディーラーや中期債を発行する企業債務引受業者にとって大変魅力的」であった。実際、1982年5月5日、10年物Tノートは40億ドルで競売され、中期債が政府の四半期資金運用にとって重要な要素であることを示した。

幸先良い出だしの後、10年債は効果的に流動資産を引きつける反面、20年近くの間、当時長期金利主力商品であった米長期国債(Tボンド)の陰の存在となっていた。そんな中、10年債が影の存在から表舞台に飛び出すチャンス到来となった。

クリントン政権時代の財政黒字により、2001年10月、米財務省は予想外にも30年物長期債の発行停止を発表した。Tボンド供給はやがて底を突くことになる。よってこの発行停止はTボンド取引に大きな影響を与えることになった。

「シカゴ商品取引所での会議に出席した時のことをよく覚えている。エリザベス・キューブラーロスが提唱した「死の受容のプロセス」の5つの段階を目の当たりにするような状況だった。多くの人の「否認」を目の当たりにした」とスタームは冗談めかして語る。

流動資産は10年債取引所へと迅速に移動し、そこに長期間留まることになった。長期債取引所に流動資産を提供してきた地方のトレーダーは、10年債取引所への参加を開始し、その人数は急増していった。

10-year chart

2000年、10年物Tノート取引高4390万枚に対し、長期債先物取引高は6010万枚であった。10年債取引高は急増し、その1年後には長期債先物とほぼ同じ取引高となっていた。2006年、米国財務省が30年物長期債発行を新たに開始した際には、10年債取引は誰もが認める長期金利取引の王者の地位を獲得していた。

2016年、10年債取引高3億5070万枚に対し、長期債先物取引高(現在「古典的」長期債と呼ばれる)は7020万枚であった。実際、10年債から派生物した「 ウルトラ10年米国債」は2016年に導入され同様の成功を収めている。導入第1週以降には6万枚を突破する取引が行われ、過去10年間の史上最高記録を達成した。

金利の標識灯
10年債先物が金利先物取引における最重要商品であるということは、「いろいろな理由で道理にかなうことになっていた」とスタームは語り、10年満期は世界中の債券投資家の取引をより簡単にするものであり、他の公的債務発行に際して重要なポイントとなることを付け加える。

更に10年債は、満期までに6年から9年を残す30年債券のような老化債権を査定する基準点にもなる。イールドカーブにおけるその部分は、たとえどんなサイズの商品取引にとっても困難であるため、「慢性的な流動性干ばつ」領域として見なされるとスタームは語る。

「我々の10年債先物は、財務省証券利回りカーブにおけるその暗い領域の中での標識灯としての役目という偉大な価値を提供する。つまり、市場参加者は、その標識灯により、普通なら絶対行わないような厄介なことをも実行できる」とスタームは続ける。


CMEグループで開発されている商品について続きを読む。


ADMインベスター・サービス社の上級金融経済学者であるアラン・ブッシュは、10年債取引は主に住宅ローン金利の方向性を示す指標と使用されると語る。

「15年住宅ローン金利のベンチマークとなる。平均的(長期)住宅ローンは、10年以内に完済される若しくは借り換えられる。よって、10年債は金利変化を評価するための優れた指標である」と指摘する。

2年債及び10年債先物はイールドカーブ分析における比較対象として大変人気があり、彼自身もそれらをイールドカーブ分析に使用する。

「より長期的な視野には、長期的経済方向性予測に役立つ、2年~10年債によるイールドカーブ分析を勧める」と続けた。

危機を乗り切る
スタームによると、2008年の世界的な金融危機以来、10年債は取引高及び流動性の面で更に向上した。

バーゼルIIIー自己資本比率規制要件やドット・フランク法要件のような規制変更(移動金利スワップから交換へ若しくはスワップ執行ファシリティを含む)により、10年債取引はさらに強化された。

「先物取引は資産に比べて費用効率が高く、貸借対照表への負担がより少ない」とブッシュは指摘する。

1980年初期と同様、2008年の金融危機以来、10年債取引は確実に区別化されてきた。

「人々が必要とした時に導入され、それ以来ずっと多くの面でパワーを増してきた」とスタームは語る。


CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。