CME外国為替取引について知っておくべき5つの事柄

Five Things to Know CME FX

2013年7月25日 || DEREK SAMMANN

過去40年間、地理的、政治的な境界を超えた自由貿易を促進するために、幾つかの要因が結集されてきた。関税や資本流出入規制、地元企業の助成金交付の削減や削除といった政治的な自由貿易促進の前進、と同時に、海上輸送のための商品のコンテナ化により促進された運輸コストの削減や、インターネットの出現により導かれた先進的なテレコミュニケーションなどを含む技術的な進歩などである。

今日では、企業はしばしば自国以外の国々で業務を遂行し、その過程で、自国通貨とは異なる通貨建てによって収入を得たり、債務を負うことがある。その過程で、企業は予測不可能であり反対方向に変動する外国為替レートというリスクに、より多くさらされることになりつつある。こうした不確定な状態は、流動性キャッシュフォロー管理や、将来のビジネスの発展あるいは競合する市場環境の中で成功することを難しくする可能性がある。ビジネスが、変動する為替リスクにより多くさらされるようになる時、CMEグループのような中心的市場を利用することが、リスクを管理するためのより大きな手助けになる可能性もある。拡大するCMEのFXビジネスについて、あなたが知っておく必要があると私たちが考える5つの事柄をご紹介する。

1.私たちは、世界最大の規制されたFX市場である

1日1270億ドルを超える流動性をもつCMEグループは、世界最大の規制されたFX市場である。CMEは、国際的な60の先物と31のオプションの品揃えを持ち、受渡しの無い先渡し取引(NDFs)や26の差金決済先渡し取引を含む幾つかの店頭デリバティブの清算も行っている。そして今年、取引高もしくは取組高の新記録を更新したのが、2013年第2四半期に26回、そして6月だけで15回あり、2013年第2四半期の一日平均取引高は104万2084枚であった。

2.私たちのオプション取引は今、ほぼすべてが電子取引である

先物オプションは、電子的成長と強い実績を見せ続けている。広範囲に及ぶ先物オプションの品揃えは、単純な取引から複雑な取引まで、あなたが目標を達成するのに必要な流動性や柔軟性、そして市場の奥行の深さをCMEグループの取引所が提供することを可能にしている。CMEでのFX先物オプションは、6月のすべてのオプションの電子取引の86%を占め、成長し続けている。

3.私たちは、もうすぐスタートするヨーロッパ市場で、新しいFX先物を拡大する

商品開発、流動性、財務上の確実性が、CMEグループが世界クラスのデリバティブ市場を構築してきた3本の柱である。ロンドンが、FX取引の第一の金融市場であることから、今年後半、CMEグループは国際的FX商品(FX取引高の30%ほどはヨーロッパとアジアからのものとなっている)を揃えて、現在承認待ちの私たちの新しい取引所、CME Europeに上場する計画である。

Why London Our Choice Was Clear
参照記事: Why London? Our Choice Was Clear

4.私たちは、最も長く運営されているFXマーケットの一つである

CMEがFX先物とオプションを提供したのは、第二次世界大戦後、世界の為替レートの固定化を定めていたブレトンウッズ体制が崩壊した1972年に遡る。昨年、私たちはFX先物の40周年を祝い、通貨先物はヘッジ手段として、今日、かつてないほど重要なものになっている。

FX Futures No Sign of Slowdown
参照記事:Nearing Middle Age, FX Futures Show No Sign
of Slowing Down


5.私たちは、完全な透明性と匿名性があるマーケットである

公開され、公正かつ匿名性があるCMEグループの取引環境は、あなたがAAA銀行であれ、企業あるいは活発な個人トレーダーであれ、市場および価格情報への平等なアクセスを提供している。完全な相場表がすべての顧客に閲覧可能であり、すべての参加者に関する取引コストとフィーもすべて開示されている。

[図解]FX先物で、円が昇る。

Rise of Yen 24july13

2013年7月24日

通貨市場では「2013年は円の年」となっている。安倍晋三首相は、円の通貨価値を引き下げて日本の国際競争力を向上させるという公約を掲げて、2012年12月に就任した。そして、その公約が実行に移されていくと、市場はそれに大きく注目し、反応している。またこれは、多くが「通貨戦争」と主張する状況を引き起こした。ほかの経済圏が、対抗策として自分たちの通貨価値の調整を競うようになった。

いわゆるアベノミクスが席巻している。そしてそれに、CMEグループのFX市場が反応を示している。6月の円取引は、月間の1日平均出来高を含め、いくつかの記録を更新した。一方、周知のように、米連邦準備制度理事会では、失業率が2014年に6.5%へと低下していくとみられるかぎり、QE離れが近いことを示唆している。こうした両国中央銀行の動きが、ここ数カ月間のドルと円の非連動をもたらしているのかもしれない。

この図説は、近年の経済事象の軌跡を日本円/米ドル取引の成長とともにたどるため、作成したものである。



今は天然ガスにとって黄金時代なのか?

Natural Gas 01july13

2013年7月3日 || STEPHEN SMITH

米国の石油産業のほとんどがシェールオイル供給の急増を満たすために生産能力の調整に焦点を当てている。その一方で、激変中にあるその他のエネルギー源において、より有望な未来に期待を寄せている者もいる。天然ガスの普及に従い、数年前から新しい掘削技術が促進されてきた。しかし最近、シェルが生産のうちの半分以上が石油ではなく天然ガスから来ていることを一世紀にわたる歴史で初めて発表したことは、ガスの激変について最も強烈に示唆していると言えよう。

ロンドンのサンデー・タイムズは最近、シェルのピーター・ヴォーサー(Peter Voser)CEOの天然ガスに関するビジョンを報道した

「ヴォーサーは、スクールバスや大型トラックから貨物船に至るまで、汚れが多く、コストの高い石油系燃料にガスが取って代わる可能性がある将来を予想している。このように考えているのはヴォーサーだけではない。2009年、エクソンモービルは410億ドル(260億ポンド)でXTOを買収した。XTOはアメリカ最大のシェールガス生産事業会社の一社である。2011年には、シェルがカタールでパールGTLを完成させた。これは同社の単一投資としては最大のものである。190億ドルのパールGTLプロジェクトは、パイプや原子炉が平方マイルの広さに及ぶ世界最大の貯蔵所で、ガスをディーゼル、ジェット燃料、そして、シャンプー成分といったその他の製品へと転換させている」

比較的安価な生産コストと燃焼による大気汚染が少ない品質が生産者にとって魅力的なことから、エネルギー産業において天然ガスに対する関心がかなり高まっている。現在の消費から予測すると、250年以上に及ぶ埋蔵量の発見により、より多くのエネルギー業界のプレーヤーが、将来的に利益を生む可能性が高い資源への投資の開始に乗り出す可能性がある。

CMEグループについて

CME Group
CME、CBOT、NYMEX、
COMEXから成り、世界を
先導する多彩な金融市場です。
グローバルおよび地域的経済・
金融に関するブログをお届け
します。CMEグループの日本語サイトはこちらをクリック。

CMEグループのリソース
CMEグループのツイッターで
@CMEGroupJapanをフォローください。
月次アーカイブ
検索
QRコード
QR
OpenMarketsについて
OpenMarketsは、CMEグループが発信するオンラインマガジンです。本ブログは、日本のトレーダー向けに、主に同マガジンから抜粋した記事を翻訳した
ものです。新たな商品紹介、
ケーススタディ、テクノロジー アップデート、今話題のトピックなど、デリバティブ産業への
従事にお役立てください。